スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの審査基準について

住宅ローンの審査基準について 

マイホームが欲しくなりいざ住宅ローンを組もうと思ったとき、不安になるのは審査に通るかどうかですね。

実際、住宅ローン審査を断られた場合その断る理由というのは、様々な規制があり、建前としては教えてもらえません。 

慎重な審査の結果とはいえ、理由もわからずに断られるのは嫌なものです。 

いくつか、チェックポイントがあるようなので、不動産会社に行く前に、または銀行に審査に行く前に、自分で確かめてみると良いでしょう。

住宅ローンを組む際、審査で断られる要点のひとつが勤続年数です。
一般的な銀行の基準は同一の会社で1年以上勤務(3年以上が理想)していることが求められています。

近頃は、転職することに対して、社会的に下に見られることが減ってきていますので、 

勤続年数の基準を持たない銀行もあるようですが、やはりある程度の勤続年数があるほうがよいようですね。

消費者金融などのカードローンがある場合も審査に通りにくいようです。
勤続年数や社会的地位、収入の面で問題がない場合に、見落としがちなのがこの消費者金融のローンだそうです。

消費者金融のローンに住宅ローンが加わったとしても、経済的に問題なく支払っていけるという場合であっても

複数の消費者金融から借り入れしているというだけで、かなり難しくなってしまうようです。 

住宅ローンを組む場合には、まず消費者金融のローンを一度返済して、必要なら審査が通ってから再度借りられたら良いですね。

健康上の理由(団信:団体信用生命保険に入れることが必要)・税金対策などで、所得の申告が少ない個人事業主 
様々な理由で断られることがあるようですので、住宅ローンの借入れを考える際には、

銀行任せではなく、自分でも良く調べてみるほうが良いようです。 

また良心的な不動産会社に相談するのも、ひとつの方法です、多数扱っているのでノウハウは豊富ですね。 

(注意することは、なかにはひつこく進めて来る営業マンがいることです)。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。