スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの返済方式

住宅ローンの借入をする際には、返済方法についても十分に検討必要があります

なぜなら住宅ローンは、借入金額も大きく長期間にわたっての返済になりますので、返済方法によって、月々の生活に大きく違いがでてきます。

返済方法は大きく分けると、元利均等返済元金均等返済の二つの方式がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。

返済終了までを見据えた収入・支出の見込みや定年退職の時期などを考慮して返済方法や返済期間を選びましょう

元利均等返済
 特徴・・・・・毎月一定金額(元金+利息)を返済する方式。
 メリット・・・毎回の返済額が同じ。当初の返済額は「元金均等返済」に比べて小さい。
デメリット・・元金均等返済に比べ支払い利息総額が多くなる。返済当初の元金が多い時期は利息の支払いため、返済負担が重い。

元金均等返済
 特徴・・・・・毎月決まった元金に、利息を加えた額を返済する方式。
メリット・・・毎回、一定額の元金を返済できるので,「元利均等返済」に比べて、トータルで支払う利息が少ない。
デメリット・・返済当初の元金が多い時期は利息の支払いため、返済負担が重い。

★表現方法を替えて整理してみましょう。★

○元利均等払いとは
・毎回の返済額が、初回から最終回まで一定しています。

表面的な返済額は均一ですが、元金返済分と利息充当分の内訳が変化する仕組みになっています。

・返済当初は利息充当分の割合が高く返済するにつれ、元金返済分の割合が大きくなります。

・総返済額は元金均等払いより多くなります。

○元金均等払いとは
元金を返済回数で割って元金を毎月一定にして残高に応じた金利分を加えて返済する方法です。

毎月返済額は減少していきます

・元利均等払い返済と比較すると、元金均等払いの方が総返済額が少なくてすみますが

最初の返済額が元利均等払いより高くなります

トータルで支払う金額を考えると元金均等返済のほうがお得なのですが、

元金均等返済は最初に支払う金額が大きいために、採用している住宅ロ

ーンの種類 、返済計画の立てやすさ 、返済総額 、繰上げ返済との関

係 、年齢(収入)との関係で考えてみるといいでしょう。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。