スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの金利

住宅ローンの金利には固定型金利変動型金利固定期間選択型金利の3つがあります。それぞれの項目別に特長とメリット・デメリットの説明をしていますので、住宅ローンの検討の際に活用してください。

固定型金利
・住宅ローンを組む際の最初に決められた金利が最後まで変わらない。
・全期間金利が変わらない全期間固定型(長期固定型)と、
・11年目に金利がアップする段階金利型がある。

チェックポイント
金利が固定であるため、低金利時に住宅ローンを組むと将来金利上昇時

のリスクを減らすことができる。

また、返済金額が変動しないため、返済計画が立てやすい面もありす。

反面、金利が下降した場合結果的に金利負担が大きくなることになるので、

金利の差が大きくなる場合は住宅ローンの借り換えを考えましょう。

変動型金利
・市場の金利に連動して金利が変動する。
・年2回 金利が見直されるが、返済額の変更は5年に1度行われる(返済額の上昇幅は最大25%まで)。
・この他、上限金利を設定した上限金利特約(キャップ)付変動型金利というものも存在する。

チェックポイント
金利が半年に1回見直されるため、低金利時期や金利が下がっている時に

は、金利が抑えられるためメリットを受けることができる。

ただし、金利が急激に上昇した場合でも、返済金額は5年間見直されない

ため、上昇した金利により、増えた利息が元金に組み込まれる。

そのため、返済期間や月あたりの返済金額に影響を及ぼす可能性もある。

上限金利特約付の場合は、その名の通り上限金利が決まっているため市

場の金利が上昇したとしても影響を受けないというメリットがある。

しかし、初期に設定される金利は高めである。

固定期間選択型
・一定期間のみ金利を固定し、
・固定期間が終わるとその時点で変動金利型か固定金利型かを選択することができる。
・固定期間は2年~5年の短期から20年~35年といった長期まで自由に選べることが多い。

チェックポイント
固定期間終了後に固定金利か変動金利か選べるため、

金利の状況に応じてメリットがある選択ができる。

当然、固定期間の間に金利が上昇する場合は固定金利で最初から借入を

した方がメリットを享受でき

金利が下降する場合は最初から変動金利にしておいた方がメリットを享受できる。

まとめ
金利によって、損得が出るため金利の選択は住宅ローンの一つのポイン

トと言えるだろう。

固定金利や固定期間選択型の長期固定タイプは当初こそ金利が高めであるが、

金利上昇の心配がない点は非常にメリットです。

固定金利の場合、借入時に返済までの金利が決定するため、ライフプラ

ンが立てやすくなります。

ただし、金利が高い時期に固定金利で借りると損をすることになりかね

ないので、

変動金利や固定期間選択型を短期で借りるなど、

市場の金利の状況を見て(長期展望を想定して)ベストな金利を選択しましょう!!


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。