スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの概要

住宅ローンを取り扱う金融機関は多く、普通銀行・信託銀行・信用金庫・JAバンク・労働金庫など

その他にSBIモーゲージ・新生プロパティファイナンス ・セゾンファンデックス・信販会社・

ノンバンク・協同住宅ローン・生命保険会社・日本住宅ローン・

住宅金融支援機構「証券化支援事業(フラット35)」・ゆうちょ銀行の住宅ローン「夢舞台」など

銀行以外でも多くの金融機関が取扱いをしています。



住宅ローンは、本人とその家族が居住するための建売住宅、又は

土地・建物(注文住宅やマンション)を購入、中古住宅、増築、改築、などの住宅ローンの

借り換えなどを行うために金融機関から融資を受けることです。



日本では地価が徐々に上昇している現在、マイホーム購入費用は、

立地や延べ床面積・新築か中古かなどで条件が異なりますが莫大な費用が必要 です。

国民の平均年収を大幅に超えるのが当たり前になっています。

一般人には一生に一度の買い物です。



住宅ローンはその購入資金に対して融資が実行される商品です。

金利は低利に設定されて、返済期間は35年までと長いのが特徴です。

返済期間が長期なので毎月の返済額が低くなり、30歳前後の一般的なサラリーマン世帯において

定年退職時まで月収の範囲内で返済を続けて行くことで、高額なマイホームの取得が容易となりました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。