スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの自己資金(頭金なくても可能)

住宅ローンを受けるには、通常頭金があるほど有利です。しかし頭金0円でも住宅ローンを組むことは可能です

ただし、住宅ローンの選択肢の幅や、購入物件の選択肢の幅が狭まるというデメリットが生じることも 理解する必要はあります。

また、住宅金融公庫をはじめとする公的融資を利用する場合は、基本的には物件価格の80%までの借り入れしかできないため、不足分については別の借入をする必要があります。

頭金はどれくらい必要だろう?

一般に、頭金は最低20%が必要です、と言われますが、これは金融機関の多くが、物件価格の80%を上限としているためです

長期固定金利というものは頭金がある程度ないと借りにくいものです。また、諸費用も考える必要があります。生活費のことも考えて余裕を持って住宅ローンを組みたいものです。

建前はそうですが不動産業者と金融機関が提携している場合物件価格の90%~100%借入れできます
その上、諸費用もローンが組めます。自己資金(頭金)がないが至急購入したい場合に有効です。

ただし毎月の返済額が多くなります。それに借り換えのとき、不利になります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。